BLOG

自作ムービーをDVD化する時、気を付けるポイント

ムービーを自作すると、会場から「DVDに焼いて持ち込みください」と言われることが多いですよね。

DVDに焼くとき、気を付けるポイントをいくつか押さえましょう。

必ずDVD化ソフトを使う

動画を「DVDプレイヤーで再生できる形(DVD-Video形式)」にする必要があります。

動画データをDVDに入れるだけでは、会場で再生できません。必ずDVD化ソフトを使うか、業者にお願いする必要があります。

※ソフトで焼く時は「NTSC方式」が選択されているか、確認してください。(基本的には初期設定からNTSC方式になっています。)

※書き込み速度は「4倍以下」「低速」「中速」をおすすめします。

DVDの種類

「DVD-R」を買いましょう

DVDと書いてあれば何でもOK…ではありません。「DVD‐R」を用意しましょう。

DVD-Rとは、一度だけ録画できる種類のDVDです。変更したり、削除したりすることはできません。

録画を何度でも変更ができる「DVD-RW」も便利ですが、会場によっては「DVD-R」しか受け取ってもらえない事があります。

100均一にも売っています。私はヨドバシカメラで買うことが多いです。Amazonでも良いと思います。

引用:ヨドバシカメラ

メニュー画面

基本的に不要

メニュー画面は「不要」と言われる事が多いです。メニュー画面は無しで作りましょう。

DVD化を業者に依頼するときは、メニュー画面は無しと伝えることを忘れずに。

1つのDVDに、1つの動画?

基本的に1つまで

1つのDVDに、複数動画を入れる事をNGとしている会場もあります。複数の動画をDVDに入れたい場合は、必ず会場に確認しましょう。

会場で試写しましょう

絶対にチェックを!

当日までに、家のDVDプレイヤーで試写&会場で試写しましょう。家では映ったのに、会場では再生されなかったという事もあります。

音楽の著作権処理

一般楽曲をDVDに入れたい時は著作権の処理をする必要があります。詳しくまとめたので良ければ参考にしてください^^

\まずはこれを見て!/結婚式ムービーの音楽著作権を申請する手順(ISUM)結婚式ムービーに音楽を使いたいとき、著作権の処理が必要です。ISUMを利用して著作権の処理(使用承諾の申請)をする方法を詳しくまとめました。...

フリーソフトでのDVD化が上手くいかない…

無料のフリーソフトや、自宅用PCではDVD化が上手く出来ない事も勿論あります。そんな時は、DVD化ショップで焼いてもらう事をおすすめします^^

おすすめのショップは「Kfilmさん」です。沢山の実績と丁寧な対応で、届けてくれます。

最後に

いかがでしたでしょうか。ムービー制作会社も「DVD-R・メニュー画面なし・1つの動画のみを録画」で作っているようです。念のため、問題がないか会場に確認すると良いかもしれませんね。

\まずはこれを見て!/結婚式ムービーの音楽著作権を申請する手順(ISUM)結婚式ムービーに音楽を使いたいとき、著作権の処理が必要です。ISUMを利用して著作権の処理(使用承諾の申請)をする方法を詳しくまとめました。...
PowerPointに使いたいフォントを追加する方法PowerPointに使いたいフォントがあった時インストールする方法を詳しく書きました。...